頑張りの影に

モネ、二泊三日のお泊りから帰りました~

思えば、ママが迎えに行くのは、初めての事でした
モネは、もともと繊細な所があるので
宿泊先で、ちゃんとご飯を頂けるか?ちょっと気になっていたのです

病院に着いて、看護婦さんに聞いてみました
ママ:「どんな感じでしたか?」
看護婦さん:「・・・」「それが・・・ご飯を食べなくて・・・」
ママ心:「やっぱり・・・」
先生:「あ~お母さん、お帰りなさい♪この子、いい子なんだけどね~
    食べないんだよね~。さあ、お家で沢山食べるんだよ~」

再会は、想像を絶する喜びよう・・・
抑えきれないほどの喜びように、リードをつけることもできず
病院の方に手伝っていただいて、帰途に着きました

帰ってからは
c0086026_540563.jpg

何だか、ソワソワ
c0086026_5405651.jpg

何だか、クンクン・・・気になる、気になる、落ち着かない
それが5分くらい続いたかな?

それを見ていたら、何だか切なくなりました
ご飯も殆ど食べずに、何時戻ってくるか解らない待ち時間って、どんなかな・・・?
「モネ、有難う・・・」って抱きしめました
モネ姉ちゃんも・・・

家族全員の協力と頑張りで行かせて頂いた研修旅行が
一段と重みのあるものになります

応援してくれている人がいる事、必死の時は忘れがち
必死のときは、見えなくなる・・・必死の解きは孤独・・・
頑張らせていただく影には、必ず応援が存在する事
抱きしめて、歩んで生きたいな・・・と思う、今日この頃・・・
[PR]
by aroma-dolphin | 2006-12-25 23:39
<< いつものとうり 自分に有難う >>